京都府代表 京都翔英高校|2016年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(13)

大会4日目第2試合に登場した、夏の甲子園初出場の京都翔英高校のユニフォームは、ネイビーにシルバー糸の縁取りで加工された全胸マークの「翔英」の文字がひときわよく目立ちます。

2016sum_kyoto

漢字の「翔」も、「英」も、刺繍映えするフォルムの文字だなぁと思いました^^
止め・はね・はらいが全部あって、画数もそれなりにあるからですかねー?

2016sum_kyoto_03

シャツは白のスタンドカラーです。

左袖の校章も刺繍ワッペン。
その下の「京都」と、右袖の「宇治」文字も直接刺繍で加工されていました。

2016sum_kyoto_02

キャップとストッキングに赤色がさりげなく使われていて、それがイメージカラーになっているそうです。
(応援団の赤いメガホンもそれに合わせたと言っていました。前回は宇治抹茶の緑色だったとか。)

2016sum_kyoto_04

たしかに、ネイビーのキャップのつば部分に色の切り替えがあるタイプ(サンドイッチトリム)や、穴かがり(上にある空気穴みたいなやつ)の部分に色が付いているタイプのキャップはどことなくいまどき風でおしゃれな感じがしますね。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です