山形県代表 羽黒高校|2018年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(20)

大会第6日目、第3試合に登場した山形県代表 羽黒高校は、15年ぶり2回目の夏の甲子園出場です。

ユニフォームは、昇華マーキング。大きくプリントされた「羽黒」の文字が目を惹きます。

よくよく観察してみると、Wシャドウ縁取りデザインになっていました。ここだけ見ると刺繍みたいですね。
ネイビーの部分もうっすらと白いハイライトが入っていて、プリントながらに立体感を演出しています。

左袖には、羽と柏の葉を図案化した校章と、YAMAGATA の文字が入っています。

ストッキングは、ベース色ネイビーに、赤色のラインが入っているのが特徴です。

同じくキャップのつば部分にも、アクセントカラーの赤が入っていて、なかなかおしゃれなキャップだと思います!
穴かがり部分も白糸が使われています。

マーク部分はスクリプト書体の「H」の文字が、ゴールド糸の直刺で立体的に加工されています。

ところで、羽黒高校のサイトを見ていておお!と思ったのが、高校の中に自動車教習所が併設されていること!
免許取得を禁止する学校もある中で、これはとてもめずらしいですね。
「自動車システム学科」というコースがあるということもあり、交通ルールや運転技術の指導に力を入れているようです。すごい!

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です