香川県代表 県立丸亀城西高校|2018年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(11)

大会4日目です。第1試合は香川県代表 香川県立丸亀城西高校が13年ぶりに登場。
対戦相手の 宮崎県代表 日南学園高校 はこちらからご覧ください。

丸亀城西のユニフォームは、オフホワイトの前開きメッシュシャツの袖口に、細い黒のラインが入っています。

全胸マークは縁取り刺繍です。マーク地は黒、縁取りの糸は白で、ブロック体のアルファベットで「MARUGAME」と刺繍されています。

細い黒のラインはパンツにも入っています。ストッキング・キャップも黒です。

左袖には「丸亀城西」の文字が直刺で刺繍されています。糸の質感が見えますでしょうか?

キャップにはオレンジ色で「M」の文字が刺繍されています。
糸のボリューム感がしっかりと出ている加工ですね。

昨日の記事で、近年は商業高校が減っているということを書きましたが、丸亀城西も100年以上の歴史を持つ伝統校で、平成5年に今の校名になる前は「丸亀商業」でした。丸亀商業時代から、まだ夏の甲子園は勝利がないそうなのですが、今回も初勝利はお預けとなってしまいました。
また来年以降の活躍に期待しています!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です