南福岡代表 沖学園高校|2018年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(6)

大会2日目第3試合に登場の南福岡代表 沖学園高校は、ゴルフが強くプロゴルファーも多数輩出している福岡市内の学校です。
そして野球部も激戦福岡県からついに甲子園初出場を果たしました。

ユニフォームはツーボタンシャツで、昇華のストライプ。OKIGAKU の文字がブロック体のアルファベットで書かれています。

左袖には赤で「福岡」の文字、左袖にはゴールドで校章がプリントされています。

ストッキング・キャップも濃紺で統一されています。

注目すべきはキャップ。こちらは、OとGの文字が、3Dダブル直刺(立体的でボリュームのある加工)になっています。
画像の色がいまいちですが、外側がゴールド糸で縁取りされていて、白糸の加工部分が一段盛り上がった感じになっているのが分かりますでしょうか?

上部の穴かがりの部分も白が使われているのがポイントです。

キャップの加工方法もいろいろなものがありますので、観戦のときはチェックしてみると面白いです。
それから、ご自分のチームのキャップ作成をお考えの方、ぜひ当サイトを参考にしてみてくださいね!

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です