和歌山県代表 智弁学園和歌山高校|2017年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(25)

大会第9日目、第2試合の近畿勢同士の対決は、本大会では珍しいロースコアの好ゲームでした。

和歌山県代表、おなじみ智弁学園和歌山高校のユニフォームといえば「智辯レッド」ですね。

アイボリーの前開きシャツに、赤の縁取り刺繍。
アンダーシャツやストッキングも赤色で統一されたデザインのこのユニフォームは、野球ファンでなくとも一度見たら覚えてしまったという方も多いことでしょう。

キャップも奈良の智辯学園と同じデザイン。ホワイトのキャップに、赤色の糸で「C」の文字が立体直刺で加工されています。

違うのは、ここ。
左袖の刺繍部分が、「和歌山」の文字と紫色の校章になっています。

奈良はこうでしたね。
県名が違うだけでなく、校章が青色で、「高」の文字が入っています。

あと、もしかしたらシャツのメッシュの種類も違うかもしれません。
といっても、これは奈良と和歌山の違いではなく、ただ単にシャツのメーカーや型番が昨年と変わったってだけかもしれませんが。

アメトーーク!の「高校野球大好き芸人」で毎年のように紹介される「智辯学園 対 智辯和歌山」の映像をリアルでまた見てみたいという方は多いと思いますw

昨年出場の、奈良の智辯学園のページもぜひご覧ください!

奈良県代表 智弁学園高校|2016年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(26)

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です