埼玉県代表 花咲徳栄高校|2016年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(39)

大会第11日目の第2試合には、埼玉県代表 花咲徳栄高校が戦いました。もうすっかり甲子園常連校となり、「はなさきとくはる」の読み方も定着してきましたね。

2016sum_saitama

そんな咲徳栄高校のユニフォームは、第1試合の東邦とは対照的に、非常に色使い鮮やかなデザインです。
光沢のあるブルーのマーク地に、赤色の縁取り刺繍が施されています。

アンダーシャツやキャップなどに青を使っている出場校はいくつかありますが、その中でもとりわけ彩度の高い青が選ばれていますね。

2016sum_saitama_04

このブルーとレッドの配色はストッキングにも使われていて、とても特徴的です。

2016sum_saitama_02

左袖に校章の刺繍ワッペンと、直刺の「佐藤栄学園」の文字が入っています。
右袖の「埼玉」の文字は、全胸マークと同じ配色の縁取り刺繍です。

キャップの「H」の文字は、濃い青の台にゴールド糸の直刺のワッペン型マークです。

2016sum_saitama_03

明るめのキャップだと、球児の汗がよく分かりますねー。

ちなみに、花咲徳栄高校の公式サイトを見てたんですが、学校にプラネタリウムがあるんですね!すごい!
あと、校歌が載ってたんですが、4番まであって、それぞれ春夏秋冬をうたった歌詞になっていました。
ということは、夏の甲子園では2番が歌われて、春の選抜だと1番が歌われてるってことなんですね、きっと。

残念ながら手元の録画に校歌のシーンは残っていませんでした。今度お目にかかるときはチェックしておこう。。。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です