宮崎県代表 聖心ウルスラ学園高校|2017年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(24)

大会5日目の第4試合、聖光学院と聖心ウルスラの対戦は、メディアでは「聖・聖対決」とか「聖戦」とか言われましたが、選手たちにとっては多分関係なかったでしょう^^; とはいえ試合自体は最後まで勝負の行方の分からない好ゲームでしたね。

宮崎県代表 聖心ウルスラ学園高校。「口に出して言いたい校名」のベスト3くらいには入りそうです。
・・・はいいとしてユニフォームに注目しますと、こちらも聖光学院と争うにふさわしい、クオリティの高い刺繍ユニフォームです。

マーク地はネイビーですが、少し光沢のあるサテン系の生地を使っているように見えました。漢字の「聖心」の文字の、細部の筆の流れなどが金糸の縁取り刺繍で見事に表現されています。

穴の大きいメッシュ素材で、通気性がよさそうです。

校章は刺繍ワッペンですが、これも非常に細工が細かい!
学校の公式サイトのトップページに校章の画層を使ったリンクバナーがあるのでこれを見ていただきたいのですが、同じデザインをこの小さな袖ワッペンで再現しています。

右袖の「宮崎」の文字も、全胸マークと同じ縁取り刺繍での加工です。

シャツとパンツに2本のラインが入っていますが、よく見るとネイビーとブルーの2色になっています。

キャップは「SUG」のアルファベット3文字のデザイン。ブルーの糸での縁取り刺繍です。

試合もユニフォームも、非常に見応えのある一戦でした!

ブルーにゴールドの刺繍が美しい、対戦相手の聖光学院については以下からご覧ください。

福島県代表 聖光学院高校|2016年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(44)

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です