石川県代表 日本航空高校石川|2017年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(23)

大会8日目、第2試合。石川県代表 日本航空高校石川が8年ぶりの登場で、2回戦を戦いました。
ちなみに「日本航空石川高校」ではありません。正式には「日本航空高校 能登空港キャンパス」です。

日本航空高校は、石川県の「能登空港キャンパス」の他に山梨県に「山梨キャンパス」があり、部活動もそれぞれ活動しています。
高校野球の校名表記で単に「日本航空」といった場合は山梨キャンパスの方を指しまして、石川よりも多い春夏通算6回の甲子園出場経験があります。

さて、そんな日本航空高校ですが、石川と山梨で同デザインのユニフォームを着用しています。
ネイビーの縁取り刺繍で大きく「航空」の文字が加工された白の前開きシャツで、袖口にはネイビー・赤・ネイビーの3色ラインが入っています。

右袖には「ISHIKAWA」の文字がネイビーで、左袖には校章が入っています。校章はワッペンのようです。

パンツのラインも、シャツと同じ3色です。ストッキングもネイビーで合わせていますね。

キャップですが、漢字2文字での加工は少し珍しいパターンです。全胸マークと同じ楷書体を使っており、白の直刺で加工されています。
ネイビーと赤の配色は、シャツのラインと統一。穴かがりとつば部分に赤が入っています。

いつか甲子園で 日本航空 対 日本航空石川 が見られる日も来るんでしょうか。そうなったら鉄板のアメトーークでいじられそうですね。

対戦相手の、2年連続出場 花咲徳栄高校については以下からご覧ください!

埼玉県代表 花咲徳栄高校|2016年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(39)

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です