静岡県代表 藤枝明誠高校|2017年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(3)

第1日目、第3試合に登場した静岡県代表、藤枝明誠高校は春夏通じて甲子園初出場。
行き詰まる延長戦の好ゲーム!攻守ともに粘り強さが光るチームでした。

そんな藤枝明誠高校のユニフォームは淡いオフホワイトのスタンドカラーシャツにネイビーの全胸マークが特徴です。

書体は昨年、岐阜の中京高校のユニフォームでも紹介した、波々がとがったスタイルになっている「中京型」フォントで「MEISEI」の文字が加工されています。
そして白糸での縁取り刺繍。シンプル・定番ですが、根強い人気のスタイルです。

左袖の校章ワッペンも縁取り刺繍っぽいですね。
「藤枝学園」の文字と右袖の「静岡」の文字は、ちゃんと確認できてないんですが、昇華っぽい感じでした。(あやふやですみません…)

キャップはネイビーに白糸の直刺で「M」の文字を立体的に。これも王道スタイル。

今日プレー見ながら感じてましたが、やはり、王道スタイルのユニフォームってかっこいいですね。
長くたくさんの人に愛されてきただけのことはあるなあと、改めて思いました。

この投稿へのコメント

  1. カノさんです said on 2017年8月8日 at 11:59 PM

    呼吸を止めて一秒 あなた真剣な目をしたから♪

    • 真野ししゅうWeb担当スタッフ said on 2017年8月10日 at 7:34 PM

      マネージャーのみなみちゃんですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です