福岡県代表 東筑高校|2017年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(2)

第1日目、第2試合には福岡県から21年ぶりに出場、故・仰木彬監督の母校でもある福岡県立東筑高校が登場しました。
途中、長いこと中断してたのでどうかな。。。と思っていたんですが。さすが阪神園芸さん。

東筑高校のユニフォームは、オフホワイトのスタンドカラーシャツにえんじ色のマーク地・えんじ色のソックスが特徴です。
アンダーシャツが真っ白でハイネックなのも印象的でしたね。

ブレブレですみません。左袖に校章と「福岡」の文字が入っています。

何回も確認したんですが、全胸マークはおそらくラバー系の素材での加工かな?という感じでした。
ちょっと画面上では見づらくて自信ないんですが、昇華のような透け感はなかったように思ったので。少なくとも刺繍ではなかったです。

フォントは昨年もご紹介した、野球ユニではおなじみの、輪郭が波打っていて文字の真ん中あたりがぷっくりふくれたオールド系書体「早稲田型」に近いですね。

キャップのマークはエンジ糸1色の直刺でした。

ところで余談ですが、東筑高校の主なOB一覧には、あの高倉健さんも名前もありました!

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です