愛知県代表 東邦高校|2016年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(38)

大会第11日目。第1試合には2回戦の劇的勝利で話題をさらった愛知県代表 東邦高校が登場。
残念ながら2度目のミラクルはなりませんでしたが、さすが春夏連続出場の実力を見せつけてくれました。

2016sum_aichi

東邦高校のユニフォームはとてもシンプルなデザイン。

シャツは白のツーボタン。
全胸マークは丸みを帯びたセリフ体のアルファベットの「TOHO」の文字で、黒に白の縁取り刺繍で加工されています。

2016sum_aichi_03

キャップも白。
胸マークと同じ書体の「T」の文字は、黒と白のダブル直刺で加工されています。

東邦高校のユニフォームにおいて特筆すべきところとしては、袖加工は左右ともにないという点です。
ここまで、まだこのブログで紹介していない学校を含めた全49校を見てきましたが、
両袖ともに加工がないのは東邦高校だけです。

2016sum_aichi_02

 

ストッキングも黒無地のものを採用。
それゆえ特にシンプルに感じるのですが、全体を見ると非常に整った印象を受けます。

色使いが鮮やかなユニフォームも印象的ではありますが、東邦高のような王道のユニフォームもすごく好きです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です