青森県代表 八戸学院光星高校|2016年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(29)

大会第8日目の第3試合、青森県代表 八戸学院光星高校が劇的な幕切れで涙をのみました。
使い古された言葉ではありますが、まさに「甲子園には魔物がいる」という言葉通りで、高校野球の怖ろしさを見た気がします。

そんな八戸学院光星高校のユニフォームですが、個人的に色使いがすごく好みです。
アイボリーのスタンドカラーシャツにクリムゾンレッドとダークネイビーの2色が印象的なデザインです。

2016sum_aomori_03

「KOSEI」の全胸マークはネイビーに金糸の縁取り刺繍。
右袖の「八戸」の文字はネイビーに銀糸の縁取り刺繍、左袖の校章も金糸で縁取られた刺繍ワッペンで、刺繍屋的な推しポイントも盛りだくさんです!

2016sum_aomori

2016sum_aomori_04

ツートンカラーになっているキャップもいいですね!つば部分に入っている白色も効いてます。

2016sum_aomori_02

マーク部分も「Kosei」の「K」がゴールド、他が白糸の立体直刺になっていて、刺繍ならではの質感を最大限感じられる仕上がりだと思いました。
このユニフォームいいなぁ、と初戦の時から思ってました。

※個人的な好みとして、どうもエンジ色とか濃いめの赤色が入っているユニフォームが好きみたいです、私。

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です