北北海道代表 クラーク記念国際高校|2016年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(19)

1日遅れての更新ですが、大会第6日目の第1試合には創部わずか3年目で初出場を決めた、通信制のクラーク記念国際高校が登場しました。
クラーク記念国際高校のユニフォームは昇華加工で、文字数多めです。ネイビーのラインも昇華加工で入れられています。

2016sum_hokkaido_n

「CLARK」の文字はオールド系の書体でオレンジ色の縁取りデザイン。その下には「Memorial International(記念国際)」の文字がサンセリフ系の書体でプリントされています。

2016sum_hokkaido_n_02

キャップマークはオレンジ色の直刺で、つば部分にもオレンジが入っています。

ポイントとしては両袖のマーク部分ですね。
左袖は校章、そして右袖には、北海道に行ったことがない方でもきっと知っているあの銅像そのままの、クラーク博士のシルエットが!

2016sum_hokkaido_n_03

2016sum_hokkaido_n_04

Boys be ambitious.
甲子園という大舞台で夢に向かう若者たちを見守ってくれているようなユニフォームですね。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です