滋賀県代表 近江高校|2016年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(11)

#2018年8月18日追記:キャップの変更を掲載

大会3日目の第4試合に登場した滋賀県代表 近江高校のユニフォームは、全体的に青を基調としています。
シャツはツーボタンで、うすいサックスブルー。全胸マークの「OHMI」の文字は紺色に白の縁取り刺繍です。
左袖の「HIKOME」も、同じ色の縁取り刺繍のようでした。

2016sum_shiga

ブルーで統一されているのは、琵琶湖をイメージしているためだそうです。
アンダーウェアはパープル系の色で、ストッキングにもさりげなく青いラインが入っていますね。徹底しています。

2016sum_shiga_03

アルファベットの「O」の文字をあしらったキャップマークは2色の3D加工。
青い部分は光沢のある素材を使っていました。

2016sum_shiga_02

#2018年8月18日追記
2018年はキャップの加工が変わっていました。
O の文字の形状は一緒ですが、ゴールド1色の直刺になっています。

サックスブルーに白、という配色は、爽やか&涼しげでいいですね。
とはいえ、ゲーム中は涼しさを感じている余裕などはないでしょうが。。。

さて、明日の大会第4日目ですが、私が外勤予定のある日なので、即日更新ができないかもしれません。
多少遅れても、「あぁ本業忙しいんだな」と、大目に見てもらえるとうれしいです(汗)

それでは明日もお楽しみに。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です