兵庫県代表 市立尼崎高校|2016年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(8)

大会3日目。第1試合には甲子園のお膝元、兵庫県代表の尼崎市立尼崎高校のユニフォームは、真っ白なシャツにオレンジが映えるデザインが印象的でした。
2016sum_hyogo
地元では市尼(いちあま)と呼ばれるという市立尼崎高校。
全胸マークの「ICHIAMA」の文字はオールド系の書体で、黒にシルバーの縁取り刺繍でした。
(このタイプの書体は早稲田大学のユニフォームなどでおなじみのタイプですね。業者によっては、「早稲田型」と呼んでいるところもあるみたいです)
アンダーウェアも黒。そこにオレンジ色のストッキングが絶妙なアクセントになっています。
2016sum_hyogo_02
キャップのマークとつばの部分にもオレンジ色が使われています。
マークは「いちあま」の「I」と「a」をあしらったデザインのようです。
2016sum_hyogo_03
左袖の校章と、「兵庫 市尼崎」の文字は昇華プリントでした。
2016sum_hyogo_04
シャツだけだとシンプルなデザインなのですが、市尼崎のようにストッキングやキャップでインパクトを出すようなコーディネートもよいですね!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です