長野県代表 佐久長聖高校|2016年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(1)

こんにちは、はじめまして!
株式会社真野ししゅうの公式Webサイトの運営を担当しているスタッフのKです。

株式会社真野ししゅうでは、今年(2016年)の3月にチームオーダーユニフォームの専門ブランドとして、この「FULL SWING」サイトを立ち上げました。しかしまだまだ「FULL SWING」は皆さんに知られていないので、認知度を上げるべくこの夏期間限定でブログを書くことになりました。

甲子園で戦う高校野球大会の出場校が着用しているユニフォーム、それぞれに特徴があってすごく気になりませんか?気になりますよね??
そこでこの夏、「第98回全国高等学校野球選手権大会」の全出場校49校のユニフォームの、個人的に気になった特徴を順にご紹介します。
ちなみに私、野球を見るのは好きなのですがプレー経験は全くありませんので、技術的なことにはほとんど触れられないと思いますが、ユニフォーム屋、刺繍屋ならではの目線で高校球児の活躍を見守っていきたいと思いますので、みなさんよしなにお付き合いください。

さて第1校目は、初日第1試合で惜しくも敗れた長野県代表、佐久長聖高校です。
初戦からなかなかセンスの良いユニフォームの登場でした。個人的にかなり好みのユニフォームです。

2016sum_nagano

佐久長聖のシャツ・パンツカラーはグレー。このシャツ色に、全胸マークは黒+白の縁取り刺繍がよく映えるのです。
特に白糸の明るさが際立ちます。すっきりしていて清潔感のあるユニフォームだなーと感じました。
また、漢字の「佐久長聖」の文字のマークも、独特の書体を使用していて素敵です。
(白舟書体の「京円」ってフォントに似てるんですがちょっと違いますし、何のフォントなのでしょうか?オリジナルで書かれたものなのか、もし分かる方いればこっそり教えてくださいw)

シャツの左袖に校章ワッペンと、直刺で「長野」の文字が入っています。

また、ソックスの赤色のラインも良いアクセントになっていると思います。

キャップもなかなかディティールが好みでして、つばの裏側が白色というのがより明るい印象でいいですね。
「長聖」の「C」の文字があしらわれたデザインです。

この投稿へのコメント

  1. どくおし said on 2018年9月19日 at 11:01 PM

    色んな高校のユニホームを詳しく解説してくださってとてもわかりやすかったです!

どくおし にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です