佐賀県代表 県立佐賀商業高校|2018年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(8)

大会3日目、第1試合は商業高校同士の対戦です。
そして、ユニフォームも伝統的なデザイン、早稲田型のアルファベットフォントの刺繍ユニフォーム同士の対戦でした。対戦相手の 富山県代表 高岡商業高校 はこちらからご覧ください。

佐賀商業のユニフォームの全胸マークはネイビーの縁取り刺繍。SASHOの文字がバランスよく配置されています。
右袖には同じくネイビーの糸で「佐賀商」の文字が直刺で加工されています。

シャツは白の前開きシャツで、素材は通気性の良さそうなスクエアメッシュのように見えました。
生地に凹凸があることで肌に触れる表面積が少なくなり、着心地が良くなるという特徴があります。

左袖の校章もネイビーの糸を使った刺繍ワッペンが加工されています。
キャップ・アンダーシャツ・ストッキングもネイビーです。

キャップには、ゴールド糸でオールド書体の「S」の文字が立体的な3D直刺で加工されています。
ほかが濃紺一色なのでとても良く目立ちます。

全国的には、商業高校というのは減少傾向にあるようです。平成に入ってから全国的に普通科や総合学科などの新設や移行の動きが大きく見られたというのは周知のことかもしれませんが、商業高校は戦前や戦後間もない頃から活動する公立の伝統校が多いので、地元のみなさんからの声援も熱いですね。これからも応援していきたいです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です