富山県代表 高岡商業高校|2017年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(19)

甲子園、今日は少し雲がありますね。
私のいる愛知県も、今日はいつもより少し暑さ控えめで助かります。といっても暑いことは暑いですが。

大会7日目、第2試合に登場した富山県代表 県立高岡商業高校のユニフォームは、クリムゾンレッドとゴールドが特徴です。
プロ野球だと楽天イーグルスのような配色ですね。特に金糸が映えるのが、この組み合わせです。

加工は縁取り刺繍です。シャツは前開き。
文字は前開きの部分に重ならないように配置されています。

キャップの配色も同じです。
全胸マークの書体は早稲田型ですが、キャップの「T」はまた異なる書体を使っています。

校章にもゴールド糸が使われています。ワッペンではなく、直刺のようです。

比べてみると、ストッキングの方が「赤」って感じで、アンダーシャツの方が「赤茶色」って感じですね。

ここから余談ですが、色の話をしますと、「臙脂(えんじ)色」をかっこよく言ったのが「クリムゾンレッド」みたいなイメージでとらえられることが多い気がします(個人の感想です)。
楽天イーグルスがチームカラーを「クリムゾンレッド」と公言しているので、そのイメージもあるのかもしれませんが、JIS慣用色名には「クリムゾン」はありません。「臙脂」はありますが、スポーツウェアでイメージするよりももう少し彩度が低い感じです。

色の呼び名はメーカーによってオリジナルの名称を用いていたりしますので、一概に「これは何という名前の色」ともいいづらいんですよね。

色彩検定やカラーコーディネーターの資格をお持ちの方だともう少しこのあたりの詳しい解説ができるのかもしれませんが、私は専門外なのでこのへんにしておきます。そのあたりの微妙な色味の違いも注意しながら見ていくのも興味深いです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です