京都府代表 京都成章高校|2017年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(18)

大会7日目。そろそろ日程も折り返しです。
第1試合には、京都府代表 京都成章高校が登場。2011年の春の選抜以来、夏だと1998年以来19年ぶりの出場です。

ユニフォームは、白のシャツに筆記体の「Seisho」の文字の全胸マークが縁取り刺繍されています。
シャツは前開きで、マーク地はネイビー、縁取り糸はグレーです。

ストッキングの2本の赤ラインがアクセントになっています。

校章ワッペンには金糸が使われています。こちらも刺繍ですね。
その下の「KYOTO」の文字は、ネイビー糸の直刺です。

キャップは校章と同じゴールドが使われています。
「S」の文字は縁取り刺繍のようです。
つばのサンドイッチトリム部分にもゴールドに近い山吹色が入っていますね。

本大会はホームラン数も多く、大量得点の試合が目立つのですが、そんな中で 神村学園ー京都成章 戦はロースコアの引き締まった試合でした。
最後まで目の離せない好ゲームを見せてくれてありがとうございました!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です