完全国内自社工場生産の縁取り刺繍加工 業界最安値を実現! チームオーダーユニフォーム 本物志向の刺繍ユニでチームの結束を固くする シャツ+刺繍加工3ヶ所(チーム名・胸番号・背番号)セット 税別 5,800円〜 / 1着
刺繍一筋50余年・プロにも納入実績 5万着以上の実績があるからできる低価格と高品質の両立

FULL SWINGのオーダー野球ユニフォームは…

ウェアと刺繍の加工がセットでお得!

ウェアと刺繍マーク加工がセットになった、基本セットは1セット ¥5,800~。全胸マークの刺繍もお得なコミコミプライス、ライン加工も追加料金ナシ!

基本セット料金を見る

他社にないチーム専用書体が選べる!

弊社では、一般的な書体データだけでなく、スポーツチーム専用デザインの書体データを揃えています。他社にないフォントもありますので、ぜひご相談を!

選べる書体一覧を見る

プロ仕様の特選デザインから選べる!

長らく応援ユニフォームを手がけてきた「真野ししゅう」のブランドだからこそ、限りなくプロ仕様の本物に近いデザインのユニフォームが作れます。

特選デザイン一覧を見る

袖ネーム・背ネームなど追加オプション対応OK!

袖ネーム・背ネームの追加もオプション価格で対応可能です。
3色以上のマーク加工(ダブル縁取り、シャドウW縁取り等)へのグレードアップも承ります。

加工オプション一覧を見る

今のユニフォームと同じデザインでの製作もOK!

既に他社で製作したユニフォームの追加製作でも、多くの場合、ほぼ同じデザインで製作が可能です。
現在のユニフォーム実物を1着お送りいただければ、お見積りさせていただきます。

お問い合わせはこちらから

追加注文は1枚から、前回と同じ価格で製作OK!

以前FULL SWINGでユニフォームを作成されたお客様は、1枚より追加のご注文を承ります。
再注文なら1枚からでも前回と同じ価格で製作できますのでご安心ください!

再注文のご依頼はこちらから

業界最安値と高品質が実現できる理由は…

国内自社工場で心をこめて製作

5万着以上の実績を誇る愛知県の自社工場で、1着1着心をこめて製作しています。
デザインや刺繍データの製作を含め、海外や下請けへの外注は行っておりません。
野球好きな社長をはじめ、ベテランから若手まで、明るい工場で和気あいあいとユニフォームを作っています。

刺繍一筋50余年!職人技も光る

昭和30年の創業より主に子供服の刺繍加工からスタート。その後はスポーツのマーキング加工を中心に、幅広い刺繍加工を手掛けています。
最新機器を導入し生産性の向上を図っておりますが、加工箇所によっては横振りミシンを使用した、職人による手作業も行っています。

応援ユニで培った真野ブランド

FULL SWINGを運営する「真野ししゅう」は、大手スポーツショップ・プロ野球チームへの納入実績もあり。応援ユニフォーム製作は業界をリードする存在で、全国への応援ユニ文化の普及にも貢献しました。
応援ユニで培った多彩なデザイン力を、チームオーダーでも惜しみなく発揮します!

FULL SWING 更新情報

2018年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目!データ集計結果

皆さま、今年も「第100回全国高等学校野球選手権記念大会」の出場校ユニフォーム紹介にお付き合いいただき、ありがとうございました。 大阪桐蔭高校のみなさん、史上初の2度目の春夏連覇快挙おめでとうございます! 金足農業高校のみなさん、毎試合、最高の試合をありがとうございます! すべての関係者のみなさん、 […]

西東京代表 日本大学第三高校|2018年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(29)

大会第13日目。ついに、2018年出場校はのこり1校の紹介です。 最後にご紹介するのは、西東京代表 日本大学第三高校。 日大三高のユニフォームは、今では珍しい片胸ワッペンのユニフォームです。 「三高」の校章が加工された刺繍ワッペンが左胸に縫い付けられています。 校章は桜の花とつぼみがあしらわれたデザ […]

東兵庫代表 報徳学園高校|2018年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(28)

大会第12日目、第1試合。甲子園のお膝元 兵庫県西宮市にある(場所的には、西宮市と尼崎市、伊丹市の境目あたりですね)、東兵庫代表 報徳学園高校が登場。 春夏ともに優勝経験のある学校ですが、前回ベスト4だった2010年以来の出場&ベスト8進出となりました。 そんな報徳学園のユニフォームは、アイボリーの […]

西愛知代表 愛知工業大学名電高校|2018年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(27)

大会第12日目。第1試合からトーナメントは3回戦に入りました。 西愛知代表 愛知工業大学名電高校は、もっと出ている気がしましたが意外にも5年ぶりの出場。 春の選抜では2005年に優勝、2012年にベスト8に入っていますが、夏の選手権では30年間勝利がなかったというのも意外でした。 そんな愛工大名電高 […]

京都府代表 龍谷大学付属平安高校|2018年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(26)

大会第11日目第4試合では、京都府代表 龍谷大学付属平安高校が、旧制平安中・平安高時代から数えて甲子園通算101勝目をあげました。 これは中京大中京高の133勝に次ぐ歴代第2位。通算出場回数なら春夏合わせて73回で、これは歴代1位。 堂々たる記録を積み重ねてきた龍谷大平安高のユニフォームは、ホワイト […]

奈良県代表 奈良大学附属高校|2018年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(25)

大会日程も後半戦に入っています。第11日目の今日までが2回戦。ベスト16が出揃います。 第3試合には夏は初出場、春を入れても2015年以来の2回目の出場で1回戦初勝利をもぎ取った、奈良大学附属高校のユニフォームを紹介します。 イメージカラーはブルーで、シャツはスタンドカラーの前開きです。 青のマーク […]

南埼玉代表 浦和学院高校|2018年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(24)

大会第8日目。2回戦のこの試合が出場全56校のうち最後の登場となります。 南埼玉代表 浦和学院高校と宮城県代表 仙台育英高校の対決に、5年前の初戦の大接戦を思い出したという方も多いようです。 浦和学院高校のユニフォームは幅広めのストライプ。ストッキングにワインレッドのラインが入っています。 ストライ […]

三重県代表 県立白山高校|2018年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(23)

大会第7日目。トーナメント表では2回戦に入っています。 本大会屈指の注目校、「日本一の下克上」と謳われる三重県の県立白山高校が登場です。 ユニフォームはホワイトの前開きメッシュシャツ。全胸マークはネイビーのマーク地にゴールドの縁取り刺繍です。 左袖の MIE の文字は全胸と同じ配色の縁取り刺繍、校章 […]

西兵庫代表 市立明石商業高校|2018年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(22)

大会第7日目、第2試合も第1試合に次いで1点差の好ゲーム。お膝元、兵庫県の東西それぞれの代表校が登場です。 夏の甲子園は初出場となる西兵庫代表 明石市立明石商業高校のユニフォームは、ツーボタンのストライプシャツです。 楷書の「明石商業」の文字が、濃紺のマーク地にゴールド糸の縁取り刺繍で加工されていま […]

鳥取県代表 鳥取城北高校|2018年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(21)

大会日程は早くも第7日目になりました。第1試合には鳥取県代表 鳥取城北高校が登場。 相撲が強く力士を多数輩出している学校なのですが、野球ではOBに阪神タイガースの能見篤史投手がいます。 ユニフォームはストライプのスタンドカラーシャツ。全胸マークは縁取り刺繍です。 早稲田型のアルファベット書体の JO […]

山形県代表 羽黒高校|2018年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(20)

大会第6日目、第3試合に登場した山形県代表 羽黒高校は、15年ぶり2回目の夏の甲子園出場です。 ユニフォームは、昇華マーキング。大きくプリントされた「羽黒」の文字が目を惹きます。 よくよく観察してみると、Wシャドウ縁取りデザインになっていました。ここだけ見ると刺繍みたいですね。 ネイビーの部分もうっ […]

北福岡代表 折尾愛真高校|2018年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(19)

大会第6日目、第2試合に登場した北福岡代表 折尾愛真高校は、春夏通じて初めての甲子園出場。 北九州市にあるキリスト教系の高校で、2001年までは女子校でした。 ユニフォームはオフホワイトの前開きシャツで、全胸マークは楷書の「折尾愛真」の校名を黒の縁取り刺繍で加工しています。 左袖の校章と、右袖の F […]

福井県代表 敦賀気比高校|2018年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(18)

大会第6日目。今日は3試合のみの予定です。 第1試合は福井県代表 敦賀気比高校が3年ぶりの登場です。対戦相手の東千葉代表 木更津総合高校はこちらからご覧ください。 敦賀気比高校のユニフォームは印象に残りやすいので覚えている人も多いかもしれません。グレーのストライプです。 ストッキングやアンダーシャツ […]

長崎県代表 創成館高校|2018年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(17)

大会第5日目、第3試合。春の選抜にも出場しベスト8入りを果たした 長崎県代表 創成館高校をご紹介します。 対戦相手の岡山県代表 創志学園高校はこちらからご覧ください。 創成館高校のユニフォームはホワイトのシャツに黒のストッキングとアンダーシャツ。 くるぶしの赤がアクセントカラーになっています。 そし […]

岩手県代表 花巻東高校|2018年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(16)

大会第5日目、第2試合。各地にファンも多い岩手県代表 花巻東高校が登場です。 対戦相手の山口県代表 下関国際高校はこちらからご覧ください。 言わずと知れた大谷翔平選手や菊池雄星投手の出身校ですが、意外や3年ぶりの出場なので当ブログでまだご紹介していませんでした。 花巻東のユニフォームの特徴はこの紫色 […]

東愛知代表 愛知産業大学三河高校|2018年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(15)

大会も5日目に入りました。第1試合には強豪・横浜高校を相手に東愛知代表 愛知産業大学三河高校が戦いました。 愛知県といえば毎年大阪・神奈川に並ぶ大激戦区で、私学4強(中京・名電・東邦・享栄)をはじめとした名古屋市内の学校がほとんどの年で代表を獲得してきました。過去50年遡って確認しましたが、名古屋市 […]

熊本県代表 東海大学付属熊本星翔高校|2018年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(14)

大会4日目第3試合。高校野球ファンおなじみの東海大ストライプが登場です! ここ3年東海大相模、東海大甲府は夏の出場がないため本ブログではまだ取り上げていませんが、昨年は西東京都代表の東海大菅生を取り上げました。 熊本にもあったんかい!って思う人も多いかもしれませんが、もともとの校名は東海大学第二高等 […]

秋田県代表 県立金足農業高校|2018年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(13)

大会4日目第2試合に登場するのは本大会唯一の農業高校。侍JAPAN U-18候補の吉田投手を擁し「雑草軍団」という異名も持つ、秋田県代表 県立金足農業高校が登場です。 金足農業のユニフォームの特徴は、やはりなんといってもこの鮮やかな紫色。襟・袖とパンツの太いラインが目を惹きます。 オフホワイトの前開 […]

鹿児島県代表 鹿児島実業高校|2018年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(12)

大会4日目第2試合に登場の鹿児島県代表 鹿児島実業高校は言わずとしれたスポーツ名門校。野球はもちろん、サッカー、ラグビー、陸上、剣道、新体操…などなど、全国レベルの部活動は枚挙に暇がありません。そして今年、大会と同じ100周年。 ユニフォームは大きく「鹿実」と書かれた全胸マークが有名です […]

香川県代表 県立丸亀城西高校|2018年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(11)

大会4日目です。第1試合は香川県代表 香川県立丸亀城西高校が13年ぶりに登場。 対戦相手の 宮崎県代表 日南学園高校 はこちらからご覧ください。 丸亀城西のユニフォームは、オフホワイトの前開きメッシュシャツの袖口に、細い黒のラインが入っています。 全胸マークは縁取り刺繍です。マーク地は黒、縁取りの糸 […]

島根県代表 益田東高校|2018年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(10)

大会3日目、第4試合は島根県代表 益田東高校が登場。 対戦相手の 静岡県代表 常葉大学附属菊川高校 はこちらからご覧ください。 益田東高校のユニフォームの特徴はなんといってもストッキングのオレンジ色。 このイメージカラーのオレンジ色はキャップにも使われています。 ダブル直刺で加工されたオールド書体の […]

南大阪代表 近畿大学附属高校|2018年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(9)

大会3日目、第3試合は南大阪代表 近畿大学附属高校が10年前の記念大会ぶりの出場です。 対戦相手の 群馬県代表 前橋育英高校 はこちらからご覧ください。 近大付属のユニフォームは、淡いサックスブルーにワインレッドのストッキングが特徴。 これは近畿大学硬式野球部のユニフォームと同じデザインです。 ブル […]

佐賀県代表 県立佐賀商業高校|2018年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(8)

大会3日目、第1試合は商業高校同士の対戦です。 そして、ユニフォームも伝統的なデザイン、早稲田型のアルファベットフォントの刺繍ユニフォーム同士の対戦でした。対戦相手の 富山県代表 高岡商業高校 はこちらからご覧ください。 佐賀商業のユニフォームの全胸マークはネイビーの縁取り刺繍。SASHOの文字がバ […]

北北海道代表 旭川大学高校|2018年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(7)

大会2日目、第4試合からご紹介するのは今大会最も北からやってきた代表校、北北海道代表 旭川大学高校です。 対戦相手の長野県代表 佐久長聖高校はこちらからご覧ください。 旭川大高のイメージカラーはえんじ色。キャップ・ストッキング・アンダーシャツのカラーが統一されています。 これは目を惹くカラーですね。 […]