完全国内自社工場生産の縁取り刺繍加工 業界最安値を実現! チームオーダーユニフォーム 本物志向の刺繍ユニでチームの結束を固くする シャツ+刺繍加工3ヶ所(チーム名・胸番号・背番号)セット 税別 5,800円〜 / 1着
刺繍一筋50余年・プロにも納入実績 5万着以上の実績があるからできる低価格と高品質の両立

FULL SWINGのオーダー野球ユニフォームは…

ウェアと刺繍の加工がセットでお得!

ウェアと刺繍マーク加工がセットになった、基本セットは1セット ¥5,800~。全胸マークの刺繍もお得なコミコミプライス、ライン加工も追加料金ナシ!

基本セット料金を見る

他社にないチーム専用書体が選べる!

弊社では、一般的な書体データだけでなく、スポーツチーム専用デザインの書体データを揃えています。他社にないフォントもありますので、ぜひご相談を!

選べる書体一覧を見る

プロ仕様の特選デザインから選べる!

長らく応援ユニフォームを手がけてきた「真野ししゅう」のブランドだからこそ、限りなくプロ仕様の本物に近いデザインのユニフォームが作れます。

特選デザイン一覧を見る

袖ネーム・背ネームなど追加オプション対応OK!

袖ネーム・背ネームの追加もオプション価格で対応可能です。
3色以上のマーク加工(ダブル縁取り、シャドウW縁取り等)へのグレードアップも承ります。

加工オプション一覧を見る

今のユニフォームと同じデザインでの製作もOK!

既に他社で製作したユニフォームの追加製作でも、多くの場合、ほぼ同じデザインで製作が可能です。
現在のユニフォーム実物を1着お送りいただければ、お見積りさせていただきます。

お問い合わせはこちらから

追加注文は1枚から、前回と同じ価格で製作OK!

以前FULL SWINGでユニフォームを作成されたお客様は、1枚より追加のご注文を承ります。
再注文なら1枚からでも前回と同じ価格で製作できますのでご安心ください!

再注文のご依頼はこちらから

業界最安値と高品質が実現できる理由は…

国内自社工場で心をこめて製作

5万着以上の実績を誇る愛知県の自社工場で、1着1着心をこめて製作しています。
デザインや刺繍データの製作を含め、海外や下請けへの外注は行っておりません。
野球好きな社長をはじめ、ベテランから若手まで、明るい工場で和気あいあいとユニフォームを作っています。

刺繍一筋50余年!職人技も光る

昭和30年の創業より主に子供服の刺繍加工からスタート。その後はスポーツのマーキング加工を中心に、幅広い刺繍加工を手掛けています。
最新機器を導入し生産性の向上を図っておりますが、加工箇所によっては横振りミシンを使用した、職人による手作業も行っています。

応援ユニで培った真野ブランド

FULL SWINGを運営する「真野ししゅう」は、大手スポーツショップ・プロ野球チームへの納入実績もあり。応援ユニフォーム製作は業界をリードする存在で、全国への応援ユニ文化の普及にも貢献しました。
応援ユニで培った多彩なデザイン力を、チームオーダーでも惜しみなく発揮します!

FULL SWING 更新情報

image005

2016年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目!のまとめ

皆さま、約2週間の間、ほぼ私の趣味で始まったこの、「第98回全国高等学校野球選手権大会」の出場校全49校のユニフォームについて書く、というブログ企画にお付き合いいただきまして、ありがとうございました。 私自身も、野球はとても好きなのですがそこまで技術的に詳しいわけでもなく、また刺繍屋のWeb担当スタ […]

2016sum_hokkaido_s

南北海道代表 北海高校|2016年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(49)

さあ!ついに全49校、最後の学校のご紹介です。大会第13日目、準決勝第2試合の後攻で、見事初の決勝進出を決めた南北海道代表 北海高校。 北海高校の出場回数は37回目で、これは全国最多の数字だそうです。 そんな北海高校のユニフォームは白のストライプメッシュシャツに、ダークネイビーの縁取り刺繍です。 全 […]

2016sum_kumamoto

熊本県代表 秀岳館高校|2016年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(48)

大会第13日目、準決勝第2試合。先攻は春の選抜でもベスト4を果たしている熊本県代表 秀岳館高校です。 秀岳館といえばなんといっても目にも鮮やかなストッキングのイエローがまず目に飛び込んできます。 秀岳館高校のユニフォームは、ホワイトのツーボタンシャツに、昇華加工でマーキングされています。 全胸マーク […]

2016sum_kochi

高知県代表 明徳義塾高校|2016年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(47)

大会第13日目、準決勝第1試合の後攻は、高知県代表 明徳義塾高校です。 作新学院が6年連続出場なら、明徳義塾は7年連続。この縦縞のユニフォームも多くの方の記憶に残っていると思います。 明徳義塾のユニフォームは、ノーボタンのVネックシャツ。 今回の出場校の中で、ノーボタンシャツは明徳義塾1校のみでした […]

2016sum_tochigi

栃木県代表 作新学院高校|2016年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(46)

さあ、1日空いて今日は大会第13日目、いよいよ準決勝です。 明日は全体のまとめ記事を書こうと思うので、今日は勝敗にかかわらず残り4校をすべて紹介しようと思います。 第1試合先攻は、6年連続出場となる栃木県代表 作新学院高校です。 作新学院のユニフォームはアイボリーで目地の大きいメッシュシャツに、ゴシ […]

2016sum_chiba

千葉県代表 木更津総合高校|2016年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(45)

大会第12日目、第4試合。いよいよベスト4が出揃いました。 ここまでロースコアのゲーム展開で粘り勝ってきた千葉県代表 木更津総合高校。最後まで引き締まった好投好守のゲーム展開で甲子園を沸かせました。 そんな木更津総合高校のユニフォームは、白のツーボタンスタンドカラーシャツに、昇華で加工されています。 […]

2016sum_fukushima

福島県代表 聖光学院高校|2016年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(44)

大会第12日目の第3試合。なんと甲子園10年連続出場となるのは、福島県代表 聖光学院高校。 個人的に「ついに来たか、聖光学院!」って感じです。 なぜかというと、嫉妬するほど刺繍が美しいのです…。 聖光学院といえば光沢のあるブルーにゴールドの縁取り刺繍。 「聖光」の文字の形もいいんですが、それを縁取る […]

2016sum_tokushima

徳島県代表 県立鳴門高校|2016年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(43)

大会第12日目の第2試合。徳島県代表 県立鳴門高校は、四国対決を制してのベスト4はなりませんでしたが、県立校ながら5年連続出場を果たしてのベスト8はすごいです! 鳴門高校のユニフォームは、ホワイトのシャツに、全胸マークは丸みのあるサンセリフ体で「NARUTO」の文字が加工されています。 黒のマーク地 […]

2016sum_ibaraki_04

茨城県代表 常総学院高校|2016年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(42)

大会日程も、もう第12日目。気がつけば今日は準々決勝です。 第1試合には、一昨日の試合で履正社を破った茨城県代表 常総学院高校が登場しました。 常総学院のユニフォームは、エンジ色をメインカラーとしています。 昨日ご紹介した宮崎・日南学園もエンジ色ですが、それよりももう少し暗めの色合いで、どちらかとい […]

2016sum_miyazaki

宮崎県代表 日南学園高校|2016年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(41)

大会第11日目の第4試合は、ベスト8進出をかけた3回戦最後の試合。 初回に先制するも残念ながら8強入りを逃してしまったのが、宮崎県代表 日南学園高校です。 日南学園のユニフォームは上品なエンジ色。アンダーシャツも同じ色で統一しています。 アイボリーのツーボタンシャツに「日南学園」の文字が白の縁取り刺 […]

2016sum_hiroshima

広島県代表 広島新庄高校|2016年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(40)

ついに40校目!大会第11日目の第3試合では、2年連続出場となる広島県代表 広島新庄高校が3回戦を戦いました。 ベスト8はなりませんでしたが、初出場の昨年(2回戦敗退)を上回る成績を残しました。 そんな広島新庄高校のユニフォームは白シャツに(おそらく)ダークネイビーのダブルストライプデザイン。(一瞬 […]

2016sum_saitama

埼玉県代表 花咲徳栄高校|2016年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(39)

大会第11日目の第2試合には、埼玉県代表 花咲徳栄高校が戦いました。もうすっかり甲子園常連校となり、「はなさきとくはる」の読み方も定着してきましたね。 そんな咲徳栄高校のユニフォームは、第1試合の東邦とは対照的に、非常に色使い鮮やかなデザインです。 光沢のあるブルーのマーク地に、赤色の縁取り刺繍が施 […]

2016sum_aichi

愛知県代表 東邦高校|2016年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(38)

大会第11日目。第1試合には2回戦の劇的勝利で話題をさらった愛知県代表 東邦高校が登場。 残念ながら2度目のミラクルはなりませんでしたが、さすが春夏連続出場の実力を見せつけてくれました。 東邦高校のユニフォームはとてもシンプルなデザイン。 シャツは白のツーボタン。 全胸マークは丸みを帯びたセリフ体の […]

2016sum_osaka

大阪府代表 履正社高校|2016年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(37)

大会第10日目の第4試合には、大阪大会を圧倒的な強さで勝ち上がってきた注目校、大阪府代表 履正社高校が登場。 優勝候補の呼び声もありながら、残念ながら3回戦で姿を消す事になりました。 とはいえ、やっぱりすごかったです。なんというか、貫禄が。 さて、履正社高校のユニフォームは薄いアイボリーのスタンドカ […]

2016sum_iwate

岩手県代表 盛岡大学附属高校|2016年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(36)

大会第10日目の第3試合には、オレンジとブルーの配色が印象的な岩手県代表 盛岡大学附属高校が登場しました。 アイボリーのシャツはスタンドカラータイプ。 アンダーウェアのブルーは明るめの色合いのものが採用されています。 そこに、ネイビーにオレンジ色の縁取りで「盛岡大附」の文字が昇華加工でプリントされて […]

2016sum_mie

三重県代表 県立いなべ総合学園高校|2016年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(35)

大会第10日目、第2試合。県立校ながら甲子園春夏連続出場、初勝利、そして初の3回戦進出を果たしたのが、いなべ総合学園高校です。 いなべ総合のユニフォームは、ホワイトのシャツにネイビーと赤の2色のデザインで、わりとイマドキ風な感じがします。 マーキングは昇華転写加工で、全胸マークは「SG INABE」 […]

2016sum_okinawa

沖縄県代表 嘉手納高校|2016年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(34)

大会第10日目。昨日でベスト16が出揃い、今日から3回戦です。 もしかしたら雨が降るのでは?と昨日の天気予報を見て心配していましたが(できるだけお盆休みのうちに書き進めたいので・・・)、幸いお天気にも恵まれましたね。 さて、第1試合には沖縄県代表の嘉手納高校が登場です。 イメージカラーはエンジ色。 […]

2016sum_toyama

富山県代表 富山第一高校|2016年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(33)

大会第9日目、第3試合。この試合で2回戦が終了し、ベスト16が出揃います。 あと一歩16強に届かなかった富山県代表 富山第一高校ですが、初戦では劇的サヨナラで、2回目の甲子園出場で嬉しい甲子園初勝利を挙げました。 そんな富山第一高校のユニフォームはなかなかセンスが利いているユニフォームです。 シャツ […]

2016sum_kagoshima

鹿児島県代表 樟南高校|2016年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(32)

大会第9日目、第2試合に登場した鹿児島県代表 樟南高校は、ダークネイビーの太いラインが印象的なユニフォームです。 全胸マークは太い楷書体で「樟南」の文字がネイビーに白の縁取り刺繍で加工されています。 最大の特徴である袖口の太いラインは、サテン系のやや光沢のある生地のようです。 襟元にも同じカラーのラ […]

2016sum_wakayama

和歌山県代表 市立和歌山高校|2016年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(31)

大会第9日目。今日は2回戦最後の3試合だけです。精神的に若干楽! さて、1試合目の和歌山県代表 市立和歌山高校のユニフォームは、モスグリーンをメインカラーとするデザインです。 ストッキング・アンダーウェアも濃いグリーンで統一されています。 真ん中のラインだけあずき色になっていますね。 胸の「ICHI […]

2016sum_kanagawa

神奈川県代表 横浜高校|2016年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(30)

大会第8日目、第4試合。マスコミでは優勝候補同士の直接対決とも言われた大阪・履正社 VS 神奈川・横浜の対決は履正社に軍配。 神奈川県代表 横浜高校にとっては茨の道となりましたね。 さて、横浜高校といえば松坂大輔投手、筒香嘉智選手をはじめ数々のプロ野球選手を輩出する、高校野球の超名門校であることは言 […]

2016sum_aomori

青森県代表 八戸学院光星高校|2016年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(29)

大会第8日目の第3試合、青森県代表 八戸学院光星高校が劇的な幕切れで涙をのみました。 使い古された言葉ではありますが、まさに「甲子園には魔物がいる」という言葉通りで、高校野球の怖ろしさを見た気がします。 そんな八戸学院光星高校のユニフォームですが、個人的に色使いがすごく好みです。 アイボリーのスタン […]

2016sum_gifu

岐阜県代表 中京高校|2016年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(28)

大会第8日目、第2試合に登場したのが、岐阜県代表の中京高校です。 ユニフォームは白のスタンドカラーシャツに、ネイビー地+シルバー糸の縁取り刺繍の全胸マーク加工がされています。 全胸マークの右下に「学校法人 安達学園」の文字が入っていますが、この部分および左袖の安達学園のマーク、右袖の「岐阜瑞浪」の文 […]

2016sum_yamanashi

山梨県代表 山梨学院高校|2016年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(27)

大会第8日目。いよいよ大会日程も折り返しです。 ユニフォームブログを書いている立場としては、全49出場校をいちおうひと通りは目にしたということになりまして、2試合目は初戦で見逃したところを中心に確認をすればよいので、ようやく少し楽になってきたという感じがあります。 とはいえ、あと5日間は1日最大4試 […]