南埼玉代表 浦和学院高校|2018年夏の甲子園出場校のユニフォーム大注目(24)

大会第8日目。2回戦のこの試合が出場全56校のうち最後の登場となります。
南埼玉代表 浦和学院高校と宮城県代表 仙台育英高校の対決に、5年前の初戦の大接戦を思い出したという方も多いようです。

浦和学院高校のユニフォームは幅広めのストライプ。ストッキングにワインレッドのラインが入っています。

ストライプはよく見ると細い2本線になっています。
シャツはツーボタン、片胸マークの昇華ユニフォームです。

左袖には校章と「埼玉」の文字が入っています。こちらも昇華プリントです。

キャップの加工がなかなか凝っていまして、黒のメッシュキャップに、胸マークと同じロゴマークがダブル3D直刺で加工されています。
Urawa の文字はワインレッドの縁取り、立体部分が白糸。 GAKUIN はゴールドの直刺です。

つば部分のサンドイッチトリムにも同じワインレッドが入っています。

ちなみに、アルプススタンドで応援している部員の中には、同デザインで刺繍マーキングのユニフォームを着用している人がいるのを確認できました。(画像はキャッチできませんでしたが…)
昇華と刺繍の両パターンが存在するようです。他の昇華ユニフォーム使用の学校でも、真夏以外は刺繍ユニフォームを使っているということがあるかもしれません。部員の方、関係者の方などからの情報提供おまちしております。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です